交通事故を起こした場合、自動車に乗っている側の方が責任が重いとされています。確かに自動車側は車体がへこむぐらいのダメージで済む反面、歩行者だとケガでは済まないことを考えると、このことは妥当だと言えます。しかし、全ての場合において自動車側の責任が重くなるのかといえば、それは違っていて歩行者に落ち度がある場合、ある程度は軽減されます。例としては歩行者用の信号が赤信号であるのに、歩行者が渡っていた状況や横断歩道がないところで渡った場合が挙げられます。これらの場合、歩行者側に落ち度があるので自動車側の損害賠償責任が軽くなります。また、歩行者用の信号が赤である場合だと、事案によって違いが出てきますが、半分以上も自動車側の責任が軽くなる場合もあります。ただ、上に書いた事柄はあくまで目安なので、疑問があるのならば弁護士に相談するのが得策です。

交通事故と損害賠償の注意

交通事故というのは、どんなに気をつけていても誰の身にも起こりうるトラブルの一つであり身近に潜んでいます。被害者となることもあれば、加害者になることも考えられますが、どちらの場合でも考えなくてはならないのが損害賠償についてです。特に被害者となった際には、損害賠償についてはしっかりと把握しておかないと泣き寝入りということにもなってしまいかねません。その中でも知っておくべきなのは、期限についてです。事項となってしまっては、その後の交渉はできません。素人のみでは判断が難しい賠償問題や、相手との話し合いがうまくいかない場合には弁護士に依頼するようにしましょう。法に基づいて解決しておかないと後々新たなトラブルへと発展してしまうことも考えられます。自分の身は自分で守るようにするためにも知識はしっかりと備えておきましょう。

交通事故は高額の損害賠償請求をされてしまうかも

車に乗っていると必ずしも安全とは言い切れない部分があります。もし万が一、自分が交通事故を起こしてしまった場合、高額の損害賠償請求をされてしまうケースもあります。その事をしっかりと頭の中に入れた上で安全に車に乗る事を心掛けましょう。大切な事は日々の運転の安全さとそれに対する心構えになります。いかに安全に車に乗る事が出来るかはしっかり常に安全運転を意識しているかが関わってきます。つい気持ちがゆるんでしまっていると、不注意を起こしてしまうれて可能性があります。そうなってしまうと運転ミスなど起こしてしまい、相手に怪我をさせてしまう場合も考えられます。そうなってしまうと、相手の怪我の度合いにもよりますが損害賠償請求がされてしまい、高額な慰謝料が発生してしまう場合も考えられるので注意しましょう。是非常に安全運転を心掛けましょう

もしも交通事故にあってしまった時、弁護士に依頼すれば保険会社との交渉をスムーズに行えます。 交通事故を専門に取り扱う当事務所では無料の法律相談会を日本全国で開催中です! 相談料無料、着手金0円、終了時:20万円+受領額の10%(消費税別途、弁護士特約ない場合)。 交通事故の法律問題は中村・橋本法律事務所におまかせください。 東京以外の都市にて定期的に無料相談会開催しています。 交通事故による損害賠償の相談はこちら